www.kifkite.com

クレカ振り替え不可のケースが多発している》引き落としについて踏み倒しをしていない場合でもカード請求金額の引き落とし日において預金残高が足りなく請求引き落としが不可という事象が何度となく起きている場合にははクレジットカードの発行会社により『日常的に預金不足である』と予測するため強制没収という処理になる場合もあります。財力は十分にあるのについつい忘れて残高が足りない状態になったしまったことをしていても、カード会社にしてみれば信用に値しないクレジットカード契約者というステータスになることがあるため多額の借入をしているか否かということにかかわらず強制没収という扱いになる場合もあるため注意が必要です。忘れやすい人に対する評価というものはかなりの確率で良くはないのだ。さらに言えば、一度でもカード請求金額の口座引き落としがされないということが起こりますと、カードの利用期限まで決済でいたとしてもそれ以後の利用更新ができない時ことがあります。それだけ重要なことだと再認識し口座振替日を絶対覚えておくようにするべきであると思います。キャッシュ化を使ってしまう:クレジットのキャッシング利用額がすでにオーバーしてしまい、もうこれ以上カード会社からキャッシュを借りられないために、カード現金化などというようなショッピング限度額を使用する換金方法を使ってしまうとそのことによりクレジットカードが強制没収という処理がされてしまう例があります。そもそもカード会社ではルールで現金化を目的としたクレジットカード利用は禁止しているからの現金化を目的とした使用=ルール違反=没収という事態に陥っても不思議ではないのです。よく考えずにお金が欲しいからといってキャッシュ化を使用してしまうと支払い残の一括払い請求等を受けてしまう事例もあるようですので、まず使用しないようにしてほしい。

Link

Copyright © 1996 www.kifkite.com All Rights Reserved.